最近アルコール依存と言うものは、現代社会臨床医学の最も深刻な問題の1つになりました。

アルコール中と言う障害の主要な原因の1つであり、世界的な病気の負担の少なくとも5%を占めています。

なお、現在、アルコール消費と約60の病気の発症と200以上病的状態の原因となるアルコール依存症の直接的な関連が証明されていました。

例えば、酒精中毒に見ると、健康状態だけでなく、生物の一般的な状態にも影響することになります。そして、栄養失調と組み合わせたアルコールの定期的な使用は、肝機能の有意な障害につながる。 強い暴力の負の影響は、濁った意識や頭痛だけでなく、心臓や肝臓などの基本臓器の働きが変化するという意味です。

これは、性機能の調節の器官の働きに悪影響を及ぼし、男性ホルモンテストステロンの体内濃度の低下をもたらし、したがって性的欲求およびインポテンスの減少につながります。しかし、アルコール使用の多くの副作用は一時的です。

さて、アル中 は生殖能力にどの影響をするのか?

  • テストステロンレベルの低下
  • 中枢神経系への影響
  • オルガスム達成の問題
  • 精子品質の障害

 

アルコール中 は不妊症を含む、男女の生殖器の健康に不可逆的な影響を及ぼすになること可能性です。