最近世界中の医師は慢性的なストレスの危険性について問題を交渉することになりました。

残念に多くの人普通状態と思って、病気を引き起こす可能性があります。

なお、重度の感情的ショックは、心理的・有機的前提条件だけではなく、効力を低下することも引き起こします。

また、長期間の異常なストレス状態がある男性は、性的欲求・勃起機能一時的な低下すること可能性です。 いくつかのケースでは、性交の遂行にオルガスムや射精の不足もあります。

一定のストレスの影響で、男性は完全に勃起を失うことができます。

取り敢えず、最近医師の研究によってストレスの有機的影響は:

  • 自然生化学プロセスの障害、内臓器官組織のジストロフィー変化
  • 神経系の抑制、刺激因子に対する応答の遅延
  • グルココルチコイドの急激な増加血液中の白血球の減少、免疫系の活性の低下、感染症の縮小リスクまたは悪性細胞損傷の増加
  • 筋肉組織の損傷、毒素の過剰量による細胞の破壊、酸素代謝の侵害、組織における栄養プロ
  • 毛細血管の拡張および血管壁の直径、リンパの流出を遅らせること、細胞間空間にタンパク質が蓄積すること
  • 血圧の上昇、脳の酸素欠乏、脳細胞の栄養失調

心筋の重度の緊張、心拍数の加速、虚血性脳卒中または心筋梗塞を発症するリスクの増大